サステナビリティ情報開示・保証

 近年、企業の情報開示において、サステナビリティ情報の重要性が世界的に高まる中で、各種媒体を通じたサステナビリティ情報の開示が急速に進展しています。
本ページでは、サステナビリティ情報の開示・保証に関する国内外の動向を紹介、解説します。


1.海外・国内のサステナビリティ情報開示に関する動向

 当協会と関係する、サステナビリティ情報の開示に関する国内外のフレームワーク、基準を策定する団体に加え、規制当局や会計士団体による非財務情報に関する各種公表物を紹介します。なお、近年、特に動きが加速しており、多くの公表物があるため、ここでは最終更新日から1年以内の情報を紹介します。


➀海外動向

➁国内動向

2.JICPAからのサステナビリティに関する公表物

【連載】Global Sustainability Insight

 会員並びに広く関係者の皆様のサステナビリティ情報開示に関する理解向上に資する取組の一環として、2021年から公認会計士(JICPA研究員)によるサステナビリティ情報に関する国際情勢の解説記事を連載しています。



3.開示情報の保証

 企業情報開示において財務情報と非財務情報の統合的な開示が求められる中、非財務情報の信頼性の高まりとともに、非財務情報の信頼性確保に対するニーズも高まってきております。
 ここでは、中でもサステナビリティ情報に関する保証について紹介します。なお、IAASBの動向等、監査・保証に関する情報はこちら(準備中)をご参照ください。

ページトップへ