サステナビリティ情報開示

 近年、企業の情報開示において、サステナビリティ情報の重要性が世界的に高まる中で、各種媒体を通じたサステナビリティ情報の開示が急速に進展しています。
 本ページでは、サステナビリティ情報の開示に関する国内外の動向を紹介します。


1.海外・国内のサステナビリティ情報開示に関する動向

 当協会と関係する、サステナビリティ情報の開示に関する国内外のフレームワーク、基準を策定する団体に加え、規制当局や会計士団体による非財務情報に関する各種公表物を紹介します。なお、近年、特に動きが加速しており、多くの公表物があるため、ここでは最終更新日から1年以内の情報を紹介します。


➀海外動向

2024.2.9 【ISSB】IFRS S1号及びIFRS S2号の日本語訳を公表
2024.2.5 【TNFD】TNFD最終提言の日本語版を公表
2024.1.18 【ISSB】GRIスタンダードとISSB基準を適用する際のGHG排出量に関する相互運用性の考察の公表
2023.12.19 SASBスタンダードの改訂
2023.12.4 【ISSB】多くの国、地域、組織がCOP28における国際サステナビリティ基準委員会(ISSB)による声明に署名し、ISSBによる気候関連開示のグローバル・ベースラインの採用・活用を推進することを表明
2023.12.1 【ISSB】IFRS財団はISSB基準のキャパシティ・ビルディングのためのグローバルな推進を支援するナレッジハブを設立
2023.9.19 【TNFD】最終勧告(final recommendations)を発表
2023.7.25 【IOSCO】IOSCO endorses the ISSB’s Sustainability-related Financial Disclosures Standardsの公表
2023.6.26 【ISSB】ISSB issues inaugural global sustainability disclosure standardsの公表
2023.5.11 【ISSB】Exposure Draft Methodology for Enhancing the International Applicability of the SASB Standardsの公表
2023.5.4 【ISSB】Request for Information: Consultation on Agenda Prioritiesの公表
2023.3.30 【COSO】Achieving Effective Internal Control over Sustainability Reporting (ICSR): Building Trust and Confidence through the COSO Internal Control-Integrated Frameworkの公表
2023.3.28 【TNFD】「自然関連リスク管理・開示フレームワークの最終草案(ベータ版4.0)」の公表
2023.2.17 【ISSB】S1及びS2基準案の技術的内容の最終合意、2023年6月末までに発行予定

➁国内動向

2023.10.2 【金融庁】ファイナンスド・エミッションの課題解決に向けた考え方について
2023.7.18 【SSBJ】ISSB公開草案「SASB®スタンダードの国際的な適用可能性を向上させるための方法論及びSASBスタンダード・タクソノミのアップデート」に対するコメントの公表
2023.7.18 【経産省】「サステナブルな企業価値創造に向けたサステナビリティ関連データの効率的な収集と戦略的活用に関するワーキング・グループ(WG)」の中間整理の公表
2023.6.30 【金融庁】「サステナブルファイナンス有識者会議第三次報告書」の公表
2023.5.8 【環境省】「環境デュー・ディリジェンスに関するハンドブック」の公表
2023.4.6 【SSBJ】「現在開発中のサステナビリティ開示基準に関する今後の計画」の改訂
2023.4.4 【東証】「東証上場会社 コーポレート・ガバナンス白書 2023」の公表
2023.3.6 【環境省】「TCFDを活用した経営戦略立案のススメ~気候変動リスク・機会を織り込むシナリオ分析実践ガイド 2022年度版~」の公表
2023.1.31 【金融庁】「記述情報の開示の好事例集2022」の公表(サステナビリティ情報等に関する開示)
2023.1.31 【金融庁】「企業内容等の開示に関する内閣府令」等の改正案に対するパブリックコメントの結果等について
2022.12.27 【金融庁】金融審議会「ディスクロージャーワーキング・グループ」報告の公表

2.当協会からのサステナビリティに関する公表物

【連載】Global Sustainability Insights

 会員並びに広く関係者の皆様のサステナビリティ情報開示に関する理解向上に資する取組の一環として、2021年から公認会計士(当協会研究員)によるサステナビリティ情報に関する国際情勢の解説記事を連載しています。


ページトップへ