IFRS/IFRIC原文・日本語訳

IFRSの基準書の原文および日本語訳の入手方法

英語原文

IASBウェブサイトでの閲覧

基準本体部分
無料: 基準本体部分(付属する設例、適用ガイダンス、結論の根拠は除く)は、IASBのウェブサイト(ログインページにある"New user? Register"より)でユーザー登録(無料)することにより閲覧できます。
基準本体に付属する設例、適用ガイダンス、結論の根拠
有料: 基準本体に付属する設例、適用ガイダンス、結論の根拠は、有料となります。ご入手にあたりましては、IASBのオンラインショップよりお申込ください。有料のユーザー登録は、eIFRS Online SubscriptionとComprehensive Subscriptionの2種類があります。詳細はIASBのウェブサイトをご確認ください。

書籍

IASBのウェブサイトより購入することができます。なお、上記の有料のユーザーのうちComprehensive Subscriptionには、一連の基準書(郵送料込)が含まれております。

日本語翻訳

IASBウェブサイトでの閲覧

上記の有料のユーザー登録をすることにより、日本語翻訳の基準書を閲覧できます。

書籍

IFRS基準書の翻訳本は、中央経済社が発行しております。協会会員は、公認会計士協同組合にて割引(組合員: 15%引)で購入することができます。詳細はこちらをご覧ください。

なお、中小企業向け国際財務報告基準(原文と日本語訳)は下記リンク先より閲覧することができます。

ページトップへ