分析的手続

監査手続のひとつ。企業の財務情報を評価するため、財務データ間または財務データと非財務データの間にあると見られる関係を推定し、分析・検討する手法。具体的には趨勢分析、比率分析、合理性テスト、回帰分析などがある。
(※参照「代表的な監査手続」)

分析的手続

ページトップへ