IFRSセミナー『IFRSを巡る最新動向』を開催

2020年12月21日
委員会報告等の詳細な内容をご覧になるには、日本公認会計士協会著作権規約をお読みいただき、当規約にご同意いただく必要があります。
日本公認会計士協会がウェブサイト上で公表する委員会の報告書や実務指針、通達(審理情報、審理通達等)をはじめ、研究報告、研究資料、リサーチ・センター審理ニュース等の公表物の著作権は、日本公認会計士協会に帰属します。
これらの公表物の全部又は一部について、事前に文書によって日本公認会計士協会から許諾を得ることなく、協会編集以外の印刷物、協会主催以外の研修会資料、電子的媒体、その他いかなる手段による場合においても、複製、転載、頒布等を禁じます。
無断で使用した場合は、然るべき法的対応を取ることがありますので、ご注意ください。


 12月16日(水)15時00分からIASBからHans Hoogervorst議長、鈴木理加理事及びTom Scott理事を講師にお招きし、IFRSセミナー『IFRSを巡る最新動向』をオンラインにて開催いたしました。


 本年は新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため、オンラインにて開催することとなりましたが、オンライン配信の利点を活かし、新しい試みとして、日本のみならず、アジア・オセアニア地域にも配信し、日本からは約650名、アジア・オセアニア地域からは約170名のステークホルダーの方々にご参加いただきました。


 基調講演ではHans Hoogervorst議長に、本セミナーのメインテーマである「IFRSを巡る最新動向」についてご講演いただき、セッション1では鈴木理加理事に「IASBの最新動向」と題して、IASBの作業計画、基準設定プロジェクトの動向等について、また、セッション2ではTom Scott理事に「経営者による説明(マネジメント・コメンタリー)」と題して、2021年4月に公表予定の公開草案「IFRS実務記述書第1号『経営者による説明』の改訂」についてご講演をいただき、盛会裏のうちに終了いたしました。


  Hans Hoogervorst議長の基調講演の内容(英語)が、IFRS財団のウェブサイトに掲載されておりますのでご覧ください。

PDFファイルとして提供されているコンテンツを閲覧、または印刷することができるアプリケーションです。
Get Adobe Acrobat Reader
ページトップへ