IASBがディスカッション・ペーパー「企業結合―開示、のれん及び減損」第2回日本語ウェブセミナー(11月4日)を開催

2020年10月14日
委員会報告等の詳細な内容をご覧になるには、日本公認会計士協会著作権規約をお読みいただき、当規約にご同意いただく必要があります。
日本公認会計士協会がウェブサイト上で公表する委員会の報告書や実務指針、通達(審理情報、審理通達等)をはじめ、研究報告、研究資料、リサーチ・センター審理ニュース等の公表物の著作権は、日本公認会計士協会に帰属します。
これらの公表物の全部又は一部について、事前に文書によって日本公認会計士協会から許諾を得ることなく、協会編集以外の印刷物、協会主催以外の研修会資料、電子的媒体、その他いかなる手段による場合においても、複製、転載、頒布等を禁じます。
無断で使用した場合は、然るべき法的対応を取ることがありますので、ご注意ください。

 2020年11月4日(水)午前9時(グリニッジ標準時)/午後6時(日本時間)より、国際会計基準審議会(当審議会)理事の鈴木理加氏とテクニカルフェローの岡部健介氏がシリーズ第2回目となる日本語ウェブセミナーにて、ディスカッション・ペーパー「企業結合-開示、のれん及び減損」(本ディスカッション・ペーパー)に含まれる当審議会の予備的見解を説明します。本ディスカッション・ペーパーは、企業が投資家に提供する取得に関する情報を合理的なコストの範囲内で改善するために採り得る方法を示しています。


 第1回ウェブセミナーでは、当審議会による提案の概要を説明しました。第2回となる今回は、取得に関する開示の改善について、当審議会の予備的見解をより詳細に説明する予定です。


 ウェブセミナーの録音は、当審議会のプロジェクトページ及びYouTubeチャンネルにて、後日視聴することができます。

ウェブセミナーへの参加方法

 ウェブセミナーは約45分を予定しており、質疑応答も含まれます。ウェブセミナーの開始前であれば、こちらのリンク先から、いつでも登録可能です。

ウェブシステムに関する問い合わせ

 ウェブセミナーに関する問い合わせは、webcasts@ifrs.orgまでお送りください。

IASBウェブサイトのプレスリリース

https://www.ifrs.org/news-and-events/2020/10/forthcoming-second-webinar-on-dp-goodwill-and-impairment/

PDFファイルとして提供されているコンテンツを閲覧、または印刷することができるアプリケーションです。
Get Adobe Acrobat Reader
ページトップへ