IASBが中小企業向けIFRS基準の更新アプローチについてコメントを募集

2020年02月20日
委員会報告等の詳細な内容をご覧になるには、日本公認会計士協会著作権規約をお読みいただき、当規約にご同意いただく必要があります。
日本公認会計士協会がウェブサイト上で公表する委員会の報告書や実務指針、通達(審理情報、審理通達等)をはじめ、研究報告、研究資料、リサーチ・センター審理ニュース等の公表物の著作権は、日本公認会計士協会に帰属します。
これらの公表物の全部又は一部について、事前に文書によって日本公認会計士協会から許諾を得ることなく、協会編集以外の印刷物、協会主催以外の研修会資料、電子的媒体、その他いかなる手段による場合においても、複製、転載、頒布等を禁じます。
無断で使用した場合は、然るべき法的対応を取ることがありますので、ご注意ください。

 IASBは、2020年1月28日に「中小企業向けIFRS基準」の更新アプローチについての情報要請を公表しました。


 当該情報要請の目的は、「中小企業向けIFRS」を「完全版IFRS基準」に揃えるように修正することの要否とその内容について公的な見解を求めることです。


 中小企業向けIFRS基準を完全版IFRS基準に揃えるべきか否か及びその方法を検討する際に、IASBは3つの原則(中小企業にとっての目的適合性、簡素性、忠実な表現)を適用することを決定しました。


 当該情報要請では、「中小企業向けIFRS」を更新するアプローチに関する戦略的及び全体的な質問(パートA)、どのように「中小企業向けIFRS」をIFRS第9号「金融商品」、IFRS第15号「顧客との契約から生じる収益」、IFRS第16号「リース」等、新しい基準に揃えるかに関する質問(パートB)などについてコメントを求めています。


 回答期限は2020年7月27日です。


 「中小企業向けIFRS基準」は、80か国以上で強制適用、又は任意適用されており、数百万社で使用されています。また、「完全版IFRS基準」は、公的説明責任のある会社向けに作成され、現在140以上の法域で強制適用されています。


 詳細は、IASBのウェブサイトをご参照ください。

PDFファイルとして提供されているコンテンツを閲覧、または印刷することができるアプリケーションです。
Get Adobe Acrobat Reader
ページトップへ