IASBが、公開草案「単一の取引から生じた資産及び負債に係る繰延税金」(IAS第12号の修正案)を公表

2019年08月02日
委員会報告等の詳細な内容をご覧になるには、日本公認会計士協会著作権規約をお読みいただき、当規約にご同意いただく必要があります。
日本公認会計士協会がウェブサイト上で公表する委員会の報告書や実務指針、通達(審理情報、審理通達等)をはじめ、研究報告、研究資料、リサーチ・センター審理ニュース等の公表物の著作権は、日本公認会計士協会に帰属します。
これらの公表物の全部又は一部について、事前に文書によって日本公認会計士協会から許諾を得ることなく、協会編集以外の印刷物、協会主催以外の研修会資料、電子的媒体、その他いかなる手段による場合においても、複製、転載、頒布等を禁じます。
無断で使用した場合は、然るべき法的対応を取ることがありますので、ご注意ください。

 IASBは、2019年7月17日、企業がリース及び廃棄義務に係る繰延税金をどのように会計処理するのかを明確化するために、公開草案「単一の取引から生じた資産及び負債に係る繰延税金」を公表し、IAS第12号「法人所得税」の修正を提案しました。本公開草案に対するコメントの期限は、2019年11月14日です。


 企業は、資産及び負債の両方を認識することにより、取引を会計処理する場合があります。例えば、IFRS第16号「リース」の適用により、リース開始日に資産及び負債を認識します。同様に、IAS第16号「有形固定資産」及びIAS第37号「引当金、偶発負債及び偶発資産」の適用により、廃棄義務を当初認識する場合、資産及び負債を認識します。当該取引により、一時差異が生じる場合があります。IAS第12号の一般原則は、すべての一時差異について繰延税金を認識することを要求しますが、特定の状況(企業結合ではない取引、取引時に会計上の利益にも課税所得にも影響を与えない取引)では、資産又は負債の当初認識から生じる繰延税金を認識することを禁止しています(認識の免除)。


 IFRS解釈指針委員会は、リースや廃棄義務のような項目に係る繰延税金の認識が要求されるのかという質問を受けました。検討の結果、解釈指針委員会は、認識の免除の適用を狭めて当該取引に適用されないように、IAS第12号を修正することをIASBに推奨しました。IASBは解釈指針委員会の推奨に同意しました。


 修正案によると、IAS第12号の認識の免除は、リースや廃棄義務のように資産及び負債の両方を認識する取引には適用されないことになり、当該取引に関する繰延税金を認識する結果となります。具体的には、認識が免除される状況として、「取引時に、同額の将来加算一時差異及び将来減算一時差異が生じない取引」が追加されています。


 詳細は、IASBのウェブサイトをご参照ください。

PDFファイルとして提供されているコンテンツを閲覧、または印刷することができるアプリケーションです。
Get Adobe Acrobat Reader
ページトップへ