IASBが公開草案「重要性の定義」(IAS第1号及び第8号の修正案)を公表

2017年09月20日
委員会報告等の詳細な内容をご覧になるには、日本公認会計士協会著作権規約をお読みいただき、当規約にご同意いただく必要があります。
日本公認会計士協会がウェブサイト上で公表する委員会の報告書や実務指針、通達(審理情報、審理通達等)をはじめ、研究報告、研究資料、リサーチ・センター審理ニュース等の公表物の著作権は、日本公認会計士協会に帰属します。
これらの公表物の全部又は一部について、事前に文書によって日本公認会計士協会から許諾を得ることなく、協会編集以外の印刷物、協会主催以外の研修会資料、電子的媒体、その他いかなる手段による場合においても、複製、転載、頒布等を禁じます。
無断で使用した場合は、然るべき法的対応を取ることがありますので、ご注意ください。

  IASBは、2017年9月14日、公開草案「重要性の定義」(IAS第1号と第8号の修正案)を公表しました。本公開草案では、「重要性がある」の定義を明確化することを目的として、IAS第1号「財務諸表の表示」及び第8号「会計方針、会計上の見積りの変更及び誤謬」の微修正が提案されています。

 

  具体的には、以下により「重要性がある」の定義を修正し、その適用を明確化しています。

・IFRS基準における定義の文言と財務報告に関する概念フレームワークにおける定義の文言の同一化(現在使用されている文言は、類似していますが、同一ではないため、文言が修正されました。)

IAS第1号の一部の既存の要件を、目立たせるために定義部分にも追加記載

「重要性がある」の定義に付随する説明の明確化

 

  IASBは、本公開草案で提案された修正により既存の要件の理解が改善されることを期待していますが、提案された修正は既存の要件に基づくものであるため、それらの修正が、実務上の重要性の判断の過程や企業の財務諸表に大きな影響を与えるものではないと想定しています。

 

  IASBは、最近、IFRS基準に従って一般目的の財務諸表を作成する際の重要性判断の実施に関するガイダンスを企業に提供する別のプロジェクトを完了させ、2017年9月に重要性に関する実務記述書を発行しました。

 

  「重要性がある」の定義については、概念フレームワークプロジェクト、開示原則プロジェクト、重要性に関する実務記述書プロジェクト等、複数のプロジェクトでIASBによって議論されてきました。IASBは、これらのプロジェクトにおいて、類似はしていますが、同一ではない定義について数多く議論をしてきました。IASBは、「重要性がある」の定義について混乱を避けるために、本公開草案でIAS第1号及びIAS第8号それぞれにおいて定義の修正を提案しています。

 

  本公開草案による提案の結果、IAS第1号及びIAS第8号における「重要性がある」の定義が変更された場合は、IASBは重要性に関する実務記述書及び近く予定されている修正概念フレームワークを修正する予定です。

 

  本公開草案に関するコメント期限は、2018年1月15日です。

 

  詳細は、IASBのウェブサイトをご参照ください。

PDFファイルとして提供されているコンテンツを閲覧、または印刷することができるアプリケーションです。
Get Adobe Acrobat Reader
ページトップへ