FAFがIFRS財団に3百万ドルを資金拠出

2014年01月31日
委員会報告等の詳細な内容をご覧になるには、日本公認会計士協会著作権規約をお読みいただき、当規約にご同意いただく必要があります。
日本公認会計士協会がウェブサイト上で公表する委員会の報告書や実務指針、通達(審理情報、審理通達等)をはじめ、研究報告、研究資料、リサーチ・センター審理ニュース等の公表物の著作権は、日本公認会計士協会に帰属します。
これらの公表物の全部又は一部について、事前に文書によって日本公認会計士協会から許諾を得ることなく、協会編集以外の印刷物、協会主催以外の研修会資料、電子的媒体、その他いかなる手段による場合においても、複製、転載、頒布等を禁じます。
無断で使用した場合は、然るべき法的対応を取ることがありますので、ご注意ください。

  米国の財務会計協会(FAF)は、2014年1月28日に、国際的なコンバージェンスプロジェクトの完了を支援するため、IFRS財団に対して最大3百万ドルを臨時で拠出することを発表した。

  FAFの評議会は、米国の証券取引委員会(SEC)と協議のうえ、この決定をした。

  資金は、2014年中に、3回に分けて1百万ドルずつ支払われる予定である。その目的は、米国の財務会計基準審議会(FASB)がIFRS財団の基準設定主体である国際会計基準審議会(IASB)と共同で進めている4つの会計基準プロジェクトの作業完了までの期間において、IASBを支援することである。

  共同プロジェクトは、収益認識、リース、金融商品(分類と測定および減損)、保険の会計処理に関するものである。

  このIFRS財団への資金は、FAFの準備金から出される。

  FAF評議会は、2011年にもIFRS財団に50万ドルの資金を拠出している。また、資金拠出に加えて、FASBのテクニカルスタッフがコンバージェンスプロジェクトのため過去12年間にわたり多くの時間を費やしてきている。

 

  詳細は、FAFのウェブサイトをご参照ください。

PDFファイルとして提供されているコンテンツを閲覧、または印刷することができるアプリケーションです。
Get Adobe Acrobat Reader
ページトップへ