Alan Beller氏 とWerner Brandt氏がIFRS財団評議員に任命

2014年11月25日
委員会報告等の詳細な内容をご覧になるには、日本公認会計士協会著作権規約をお読みいただき、当規約にご同意いただく必要があります。
日本公認会計士協会がウェブサイト上で公表する委員会の報告書や実務指針、通達(審理情報、審理通達等)をはじめ、研究報告、研究資料、リサーチ・センター審理ニュース等の公表物の著作権は、日本公認会計士協会に帰属します。
これらの公表物の全部又は一部について、事前に文書によって日本公認会計士協会から許諾を得ることなく、協会編集以外の印刷物、協会主催以外の研修会資料、電子的媒体、その他いかなる手段による場合においても、複製、転載、頒布等を禁じます。
無断で使用した場合は、然るべき法的対応を取ることがありますので、ご注意ください。

  国際会計基準審議会(IASB)の監視と運営責任を担うIFRS財団評議員は、2014年11月18日、Alan Beller氏 とWerner Brandt氏をIFRS財団評議員に任命することをモニタリング・ボードが承諾したと発表した。

 

  Alan Beller氏は、米国証券取引委員会(SEC)の企業財務局(Division of Corporation Finance)のディレクターとSECのシニア・カウンセーラーを2002年1月から2006年2月まで務めた。在職期間中、サーベンス・オクスリー法(Sarbanes-Oxley Act of 2002)の企業規定の実施を含む広範にわたる企業統治、財務情報の開示、債券発行改革作りに大きく携わっていた。Cleary Gottlieb Steen & Hamilton LLPのパートナーであり、且つ、The Travelers Companies理事会のメンバーである。

 

  Werner Brandt氏は、2001年から2014年にかけてSAP AGの元理事会のメンバーであるとともに最高財務責任者でもあった。ドイツ財務報告規制パネル(FREP)会長であり、2002年から2011年にかけてはドイツ会計基準設定主体(DRSC)の審議会のメンバーを務め、DRSCの構成や将来の位置づけの定義付けで活躍をした。Deutsche Lufthansa AG、RWE AG、Qiagen N.V.、そしてProSiebenSat.1 Media AGを含む複数の優れたドイツ企業の監視委員会のメンバーである。

 

  Beller氏とBrandt氏の職務は2015年1月1日付で開始となる。任期は2017年12月31日までであり、1回に限り追加で3年間の更新が可能である。

 

  詳細は、IASBのウェブサイトをご参照ください。

  IASBウェブサイト

PDFファイルとして提供されているコンテンツを閲覧、または印刷することができるアプリケーションです。
Get Adobe Acrobat Reader
ページトップへ