IFRS財団モニタリング・ボードが憲章とMoUの改訂を完了

2013年11月01日
委員会報告等の詳細な内容をご覧になるには、日本公認会計士協会著作権規約をお読みいただき、当規約にご同意いただく必要があります。
日本公認会計士協会がウェブサイト上で公表する委員会の報告書や実務指針、通達(審理情報、審理通達等)をはじめ、研究報告、研究資料、リサーチ・センター審理ニュース等の公表物の著作権は、日本公認会計士協会に帰属します。
これらの公表物の全部又は一部について、事前に文書によって日本公認会計士協会から許諾を得ることなく、協会編集以外の印刷物、協会主催以外の研修会資料、電子的媒体、その他いかなる手段による場合においても、複製、転載、頒布等を禁じます。
無断で使用した場合は、然るべき法的対応を取ることがありますので、ご注意ください。

  2013年10月31日、IFRS財団モニタリング・ボードは、憲章とMoUの改訂作業の完了を発表した。

 

  憲章は、IFRS財団モニタリング・ボードのミッションと運営方法を、

  MoUは、IFRS財団モニタリング・ボードとIFRS財団の関係を記載している。

 

・2012年2月9日、IFRS財団モニタリング・ボードは、「IFRS財団のガバナンス改革に関する最終報告書」を公表した。

  本報告書は下記2点を決定している。

    -主要な新興市場を中心に新たにメンバーを追加すること(最大4席:即4席追加とは限らない)

    -IOSCOとの協議で2席のメンバーを選定する交代メンバー制度を導入すること

・また、2013年3月1日には、モニタリング・ボートは、モニタリング・ボードのメンバー要件の評価アプローチに合意している。

 

  今回の憲章とMoUの改訂は、上記の最終報告書とメンバー要件の合意を反映したものである。

 

  2013年4月のモニタリング・ボード会議では、ボードメンバーが憲章とMoUを承認後、本検証とMoUを改訂することに合意しており、これらのステップが完了した。なお、MoUについてはIFRS財団の合意も得ている。

 

  憲章およびMoUの改訂版は下記からダウンロードできます。

IFRS財団モニタリング・ボード憲章(原文)

IFRS財団の枠組み強化のための覚書(MoU)(原文)

 

  詳細はIASBウェブサイト、金融庁のウェブサイトをご参照ください。

IASBウェブサイト

金融庁ウェブサイト

PDFファイルとして提供されているコンテンツを閲覧、または印刷することができるアプリケーションです。
Get Adobe Acrobat Reader
ページトップへ