会計教育研修機構 特別講演会のご案内

2011年08月03日
委員会報告等の詳細な内容をご覧になるには、日本公認会計士協会著作権規約をお読みいただき、当規約にご同意いただく必要があります。
日本公認会計士協会がウェブサイト上で公表する委員会の報告書や実務指針、通達(審理情報、審理通達等)をはじめ、研究報告、研究資料、リサーチ・センター審理ニュース等の公表物の著作権は、日本公認会計士協会に帰属します。
これらの公表物の全部又は一部について、事前に文書によって日本公認会計士協会から許諾を得ることなく、協会編集以外の印刷物、協会主催以外の研修会資料、電子的媒体、その他いかなる手段による場合においても、複製、転載、頒布等を禁じます。
無断で使用した場合は、然るべき法的対応を取ることがありますので、ご注意ください。

8月24日(水)に、会計教育研修機構(JFAEL)の特別講演会が開催されます。

 

「IASBの活動状況-10年の活動を振り返って-」

 

日 時:2011年8月24日(水)10:00~12:00

場 所: 公認会計士会館B1ホール

講 師:山田 辰己(前IASB理事、公認会計士)

概 要:次の諸点に関して説明を行う。

 (a)IASBのMOUプロジェクト(収益認識、リース、金融商品及び保険会計)などに関する最近の活動状況について

 (b)IASBが2001年に活動を開始して以降、この10年間のIFRSを巡る状況の変化(米国FASBやASBJとのコンバージェンスに向けた議論の展開)について回顧すると共に、その延長線上にあるIFRSの将来について(日本における最近の動向についても触れる)

 (c)概念フレームワークや原則ベースの会計基準の意義について

 (d)IFRSに対する誤解について(IFRSは製造業には不適切な基準であるなどといったいくつかの批判があるが、これらに対して個人的な見解を述べる)

参加料:・JFAEL会員  

         法人会員:3名まで無料(4名からは1名3,000円)

         個人会員:無料

         ・JFAEL非会員(一般):1名 5,000円

CPE単位:2単位

 

申込み等の詳細については、会計教育研修機構のウェブサイト をご覧ください。

 

※ この研修会は終了いたしました。

PDFファイルとして提供されているコンテンツを閲覧、または印刷することができるアプリケーションです。
Get Adobe Acrobat Reader
ページトップへ