デイビッド・トゥイーディー卿とレスリー・サイドマン氏へのコンバージェンス・プログラム完了のためのタイムラインに関するインタビュー

2011年04月18日
委員会報告等の詳細な内容をご覧になるには、日本公認会計士協会著作権規約をお読みいただき、当規約にご同意いただく必要があります。
日本公認会計士協会がウェブサイト上で公表する委員会の報告書や実務指針、通達(審理情報、審理通達等)をはじめ、研究報告、研究資料、リサーチ・センター審理ニュース等の公表物の著作権は、日本公認会計士協会に帰属します。
これらの公表物の全部又は一部について、事前に文書によって日本公認会計士協会から許諾を得ることなく、協会編集以外の印刷物、協会主催以外の研修会資料、電子的媒体、その他いかなる手段による場合においても、複製、転載、頒布等を禁じます。
無断で使用した場合は、然るべき法的対応を取ることがありますので、ご注意ください。

2011年4月14日付で、IASB議長であるデイビッド・トゥイーディー卿と米国FASB議長であるレスリー・サイドマン氏へのインタビューが、IASBのウェブサイトに掲載されています。そこでは、コンバージェンス・プログラムの達成と残りのコンバージェンス・プログラムの完了状況に関するレビューについてのインタビューを、IFRS財団のマーク・バイアット・ディレクターが行っています。

 

インタビューの概要は下記のとおりです。

 

  • 2011年6月末の任期までに時間が限られている中で、IASBとして高品質な会計基準を開発できるかという懸念があることについて、昨年11月にコアなプロジェクトの絞り込みを行っているため、それらについては、十分なアウトリーチ等を行い、コメントに対してはフィードバックを行っていくという考えを示しています。

 

  • また、金融商品、収益認識、リース及び保険などの主要プロジェクトが残されていることについても、2011年6月の完了を目標としているが、十分な開発ができるまでは公表しないという考えを強調し、基準の結論をチェックするための時間を設けるために、タイムテーブルを数か月延長したとしています。

 

詳細は、IASBのウェブサイトをご参照ください。

IASBのウェブサイト

PDFファイルとして提供されているコンテンツを閲覧、または印刷することができるアプリケーションです。
Get Adobe Acrobat Reader
ページトップへ