トゥイーディー議長、米国商工会議所でスピーチ

2011年03月16日
委員会報告等の詳細な内容をご覧になるには、日本公認会計士協会著作権規約をお読みいただき、当規約にご同意いただく必要があります。
日本公認会計士協会がウェブサイト上で公表する委員会の報告書や実務指針、通達(審理情報、審理通達等)をはじめ、研究報告、研究資料、リサーチ・センター審理ニュース等の公表物の著作権は、日本公認会計士協会に帰属します。
これらの公表物の全部又は一部について、事前に文書によって日本公認会計士協会から許諾を得ることなく、協会編集以外の印刷物、協会主催以外の研修会資料、電子的媒体、その他いかなる手段による場合においても、複製、転載、頒布等を禁じます。
無断で使用した場合は、然るべき法的対応を取ることがありますので、ご注意ください。

IASB議長であるデイビッド・トゥイーディー卿は、2011年3月10日に、米国ワシントンDCの商工会議所のイベントで、「財務報告の将来:コンバージェンスか否か」と題する講演を行いました。

そこでは下記の項目についての言及がされていました。

 今年がIFRSと米国会計基準を収斂させるプログラムの最終年度であり、米国がIFRSを国内企業に利用させるかどうか決定する年であること。
 真のグローバルな会計基準は米国を含むものでなくてはならず、各国が米国SEC(証券取引委員会)の意思決定を注視していること。

・ IFRSは、米国を含む世界中の上場企業の財務報告の共通基準となること
・ IASBのガバナンスが、米国FASB(財務会計基準審議会)に類似する制度を有していること
・米国がIFRSの受入れと利用のための明確で実行可能なタイムテーブルを、今年中にコミット(約束)することが必要であること
・米国が、今年IFRSの利用を国内企業に認めないか、その決定を延期する場合は、一度は収斂したIFRSや米国会計基準が再度ダイバージ(発散)するリスクがあり、受け入れがたく米国の利益にもならないこと
・IFRSと米国会計基準のコンバージェンスの状況
・IFRSの今後‐原則主義について
・ゴールへの到達

詳細は、IASBのウェブサイトをご参照ください。
IASBのウェブサイト

PDFファイルとして提供されているコンテンツを閲覧、または印刷することができるアプリケーションです。
Get Adobe Acrobat Reader
ページトップへ