CPE研修のお知らせ IFRSセミナー

2010年04月28日
委員会報告等の詳細な内容をご覧になるには、日本公認会計士協会著作権規約をお読みいただき、当規約にご同意いただく必要があります。
日本公認会計士協会がウェブサイト上で公表する委員会の報告書や実務指針、通達(審理情報、審理通達等)をはじめ、研究報告、研究資料、リサーチ・センター審理ニュース等の公表物の著作権は、日本公認会計士協会に帰属します。
これらの公表物の全部又は一部について、事前に文書によって日本公認会計士協会から許諾を得ることなく、協会編集以外の印刷物、協会主催以外の研修会資料、電子的媒体、その他いかなる手段による場合においても、複製、転載、頒布等を禁じます。
無断で使用した場合は、然るべき法的対応を取ることがありますので、ご注意ください。

6月29日(火)に、以下の内容でIFRSセミナーが開催されます。

スケジュールとセミナーの内容
≪1限目≫10:00~11:40
テーマ:IAS第19号「従業員給付」、IAS第26号「退職給付金制度の会計及び報告」
     IFRIC第14号「IAS19-確定給付資産の制限、最低積立要件及びそれらの相互関係」
概 要:我が国においても平成10年に企業会計審議会から、退職給付に係る会計基準」が公表されたことにより、退職給付会計に馴染みがある方も多いと思われます。IAS第19号「従業員給付」も、退職後給付の会計処理を主な内容としていますが、現在IASBにおいて改訂作業が進められており、今後改訂が予定されています。そこで、本講座では、IAS第19号の特徴的な点や今後の改訂内容について解説して、演習問題についても取り組みたいと思います。
講 師:星野 正博(公認会計士)
研修コード:210312
単 位:2
参加料:3,000円

≪2限目≫ 13:00~14:40
テーマ:IAS第21号「外国為替レート変動の影響」
     IFRIC第16号「在外営業活動体に対する純投資のヘッジ」
概 要:IAS第21号は、日本における外貨換算に関する会計基準に相当する基準です。その中で、使われている文言が若干相違する為、「慣れ」が必要な部分もありますが、大まかに共通する部分も多いので共通部分を簡単に説明し、特に異なる部分について、図等を交え解説いたします。またIFRIC第16号は、IAS第21号では明らかでなかった実務上の問題に関する実務指針です。講義内のトピックとして図を交えて解説致します。
講 師:中井 雄一郎(公認会計士)
研修コード:210311
単 位:2
参加料:3,000円

≪3限目≫ 15:00~16:40
テーマ:IFRS第9号「金融商品」
概 要:IASBは2009年11月12日に、IFRS第9号「金融商品」を公表しました。新基準では、IAS第39号「金融商品:認識及び測定」に代わる金融商品に関する新たな分類・測定規定が設けられていますが、その分類アプローチは、IAS第39号及び現行の日本基準と大きく異なるものといえます。この研修では、新基準の概要と実務上のポイントを、具体的な事例等をまじえて解説します。
講 師:越智 淳(公認会計士)
研修コード:210309 
単 位:2
参加料:3,000円

※ こちらの研修会は終了いたしました。

PDFファイルとして提供されているコンテンツを閲覧、または印刷することができるアプリケーションです。
Get Adobe Acrobat Reader
ページトップへ