CPE研修のお知らせ IFRSセミナー

2009年11月02日
委員会報告等の詳細な内容をご覧になるには、日本公認会計士協会著作権規約をお読みいただき、当規約にご同意いただく必要があります。
日本公認会計士協会がウェブサイト上で公表する委員会の報告書や実務指針、通達(審理情報、審理通達等)をはじめ、研究報告、研究資料、リサーチ・センター審理ニュース等の公表物の著作権は、日本公認会計士協会に帰属します。
これらの公表物の全部又は一部について、事前に文書によって日本公認会計士協会から許諾を得ることなく、協会編集以外の印刷物、協会主催以外の研修会資料、電子的媒体、その他いかなる手段による場合においても、複製、転載、頒布等を禁じます。
無断で使用した場合は、然るべき法的対応を取ることがありますので、ご注意ください。

12月2日(水)及び3日(木)に、IFRSセミナーが開催されます。

スケジュールとセミナーの内容
1日目
日時:12月2日(水) 13:00~14:40(1限目)
テーマ:『IAS第27号「連結財務諸表及び個別財務諸表」、IAS第28号「関連会社に対する投資」及びSIC第12号「連結‐特別目的事業体」』
概要:IAS第27号及びSIC第12号が規定する支配力基準、そしてIAS第28号が規定する重要な影響力について、ケーススタディーや事例を含めて紹介します。また、2008年12月に公表され、今後基準書の公表が見込まれる公開草案(ED)第10号「連結財務諸表」が提案する新しい支配概念の考え方と、予想される実務への影響についてもあわせて紹介します。

日時:12月2日(水)15:00~16:40(2限目)
テーマ:「リース会計(IAS17)の現状と今後について」
概要:今年3月にIASBとFASBの共同プロジェクトから、リース分類により異なる会計処理を規定した現行会計基準を見直し、すべてのリース契約に単一の会計処理を適用することが提案されています。IAS第17号とその解釈指針IFRIC第4号など現行会計基準の説明を中心に、問題演習や開示例も含め、今後の動向についても紹介します。

2日目
日時:12月3日(木) 13:00~14:40(1限目)
テーマ:「IAS 8、IFRS5について」
概要:本講座においては、IAS第8号「会計方針、会計上の見積りの変更及び誤謬」及びIFRS第5号「売却目的で保有する非流動資産及び廃止事業」について、その概要、基礎事項を修得し、演習問題にも取組むことを目的とします。また、開示例についても紹介いたします。

日時:12月3日(木)15:00~16:40(2限目)
テーマ:「IAS12について」
概要:本講座においては、IAS第12号「法人所得税」について、その概要、基礎事項を修得し、演習問題にも取組むことを目的とします。また、開示例についても紹介いたします。

申し込み等の詳細についてはCPE WEB GUIDEをご覧ください。

 

※ これらのセミナーは終了いたしました。

PDFファイルとして提供されているコンテンツを閲覧、または印刷することができるアプリケーションです。
Get Adobe Acrobat Reader
ページトップへ