6. 自主規制のモニタリング

 日本公認会計士協会(以下「協会」といいます。)の自主規制活動の客観性及び公正性を確保し、もって公認会計士制度に対する社会の信頼確保に資するため、協会に、自主規制モニター会議を置いています。自主規制モニター会議は、品質管理レビュー制度及び個別事案審査制度(監査・規律審査制度及び綱紀審査制度)をはじめ、協会が実施する自主規制の制度が適切に機能し、社会からの理解が得られるものとなるよう、その運営状況をモニタリングし、大局的な視点で意見を述べ、又は助言を行うことを職務としています。
 モニタリング機関としての独立性及び透明性の確保の観点から、自主規制モニター会議を構成する委員8人のうち、7人が会員外の学識経験を有する者(うち1人は協会の外部理事)となっています。


※ 自主規制モニター会議は、2019年7月の会則変更により、品質管理レビュー制度及び個別事案審査制度それぞれに設置していたモニタリング機関(「品質管理審議会」及び「監査業務モニター会議」)に代えて設置されました。

自主規制モニター会議の議事要旨及び会議資料

ページトップへ