「会計」を通して社会の見方を育む社会科教員向けセミナー(2024年8月7日)

日本公認会計士協会では、日本教育新聞社と共催で、中学校社会科教員をはじめとする教育関係者を対象としたセミナーを開催いたします。
本セミナーでは、会計情報の活用において見方・考え方を働かせ、「会計」を学ぶ意義や「会計」を通して学べること、さらに、教育関係者にとってなじみのない「会計」をどのように授業に取り入れられるかについて取り扱います。
「会計情報の活用」が学習指導要領解説にも盛り込まれ、経済の知識として「会計」がより一層重要な役割を果たします。ぜひご参加ください。

  • 本セミナーは、2/17、3/2、3/16に開催した同セミナーの内容と一部重複がございます。

開催概要

名称
「会計」を通して社会の見方を育む社会科教員向けセミナー
日時
2024年8月7日(水)13:00~16:05(16:20~交歓会)
会場
東京会場:アルカディア市ヶ谷 私学会館 4階 鳳凰
(東京都千代田区九段北4-2-25)
主催
日本教育新聞社/日本公認会計士協会
後援
文部科学省、J-FLEC(金融経済教育推進機構)、千代田区教育委員会、全国中学校社会科教育研究会、全国公民科・社会科教育研究会、経済教育ネットワーク(申請中、申請予定含む。順不同)
対象
中学校社会科教員をはじめとした教育関係者
参加費
無料

プログラム

登壇者
日本公認会計士協会 開会挨拶 日本公認会計士協会
【基調講演】「中学校社会科における『会計リテラシー』の取り扱い」 玉川大学 教授 樋口雅夫先生
教員による授業実践の発表 福井県美浜町立美浜中学校 行壽浩司先生
広島大学附属中・高等学校 阿部哲久先生
「会計教育」に関する質疑応答 玉川大学 教授 樋口雅夫先生
広島大学附属中・高等学校 阿部哲久先生
福井県美浜町立美浜中学校 行壽浩司先生
日本公認会計士協会「公認会計士の仕事とJICPAの役割について」 日本公認会計士協会
交歓会(立食形式) -
ページトップへ