IAASBと国際監査・保証基準の基礎知識


1.国際監査・保証基準審議会(IAASB)

 国際監査・保証基準審議会(International Auditing and Assurance Standards Board:IAASB)は、国際会計士連盟(International Federation of Accountants:IFAC)に設置されている監査、品質管理、レビュー業務、その他の保証業務及び関連サービス業務に関する国際基準の設定機関です。


IAASBの目的

 高品質の監査、保証及びその他の関連する基準を設定し、国内外の監査及び保証基準の収斂を促進することにより公共の利益に資することであり、それにより、世界中の業務の質と一貫性を高め、グローバルな監査及び保証の専門家に対する信頼を強化することにあります。

IAASBのメンバー

  • 議長及び副議長を含むIAASBのメンバーは指名委員会(Nominating Committee)の推薦及び公益監視委員会(Public Interest Oversight Board:PIOB)の承認を得て、IFAC理事会によって任命されます。
  • IAASBのメンバーは、実務家と非実務家からなる18人で構成されます。そのうち9人以下が実務家、3人以上が公的なメンバーでなければならないとされております。また、IAASBには、PIOBと協議の上、IFAC理事会の裁量で任命された最大3人のオブザーバーを含めることができます。
  • IAASBメンバーの任期は3年(再任1期可。最長6年)です。
  • 2022年3月現在、IAASBメンバーとして甲斐幸子氏(当協会研究員)、テクニカルアドバイザーとして吉村和子氏(当協会研究員)、オブザーバーとして松本祥尚氏(金融庁)が参加されております。

詳細は、IAASBウェブサイトをご参照ください。


2.国際監査・保証基準

 IAASBは以下の国際基準を公表しております。


  • 過去財務情報に関する国際監査基準(International Standards on Auditing:ISA)及び国際レビュー基準(International Standards on Review Engagements:ISREs)
  • 過去財務情報の監査又はレビュー以外の保証業務に適用される国際保証業務基準(International Standards on Assurance Engagements :ISAEs)
  • 関連サービス契約に適用される国際関連サービス業務基準(International Standards on Related Services :ISRSs)
  • IAASBの定める基準に該当する全ての業務に適用される国際品質管理基準(International Standards on Quality Control :ISQCs)

【IAASB公表物の体系】

  • IAASBより公表されている Structure of Pronouncements Issued by the International Auditing and Assurance Standards Boad を基に当協会にて作成しております。

ページトップへ