お知らせ

専務理事の募集について

2019年05月20日

日本公認会計士協会では、専務理事を募集します。

募集要項

1. 募集職種

専務理事(常勤)1名

2. 職務内容

  • (1)専務理事は、会務の執行に関し会長及び副会長を補佐するとともに、本会会務を総括的に掌握し、常務理事が分掌する会務の調整を行う(会則第84条第3項)。
  • (2)専務理事は、事務局のスタッフ(地域会事務局の職員を含む。)を統轄する(会則第84条第4項)。
  • 詳細は、下記の「専務理事の職務内容」を参照ください。
  • なお、専務理事の役割の見直しを進めており、(2)の役割を担う者を別途設け、専務理事は基本的に(1)の役割を担う形に変更する方向で検討しております。

3. 応募資格

  • (1)公認会計士、又は学識経験を有する者(一定程度の規模を有する企業や団体等における経営の経験を有する者)であること。
  • (2)フルタイムで勤務可能であること。
  • (3)英語能力(ビジネスレベル)があること。

4. 応募方法

履歴書に職務経歴書を添えて封筒に「専務理事応募書類在中」と明記の上、郵送でお申し込みください。書類選考後、面接日等を通知いたします。

応募期間:2019年7月1日(月)まで

 (郵送の場合には、7月1日必着)

5. 身分及び任期

  • (1)会則第83条第3項に規定する専務理事
  • (2)本会との専務理事に就任する旨の契約(理事会の議を経て就任承諾書等を締結。)
  • (3)任期は2022年7月に開催する定期総会まで(再任可。長期間勤務が可能であることが望ましい。ただし満65歳まで)

6. 就任時期

2020年4月1日
ただし、採用時期については、前任者からの引継ぎ期間を考慮した時期とします(当該引継ぎ期間については、相応の処遇とします。)。

7. 報酬・保険

  • (1)年齢・経験を考慮の上、優遇します(年俸制)。
  • (2)社会保険制度あり

8. お申込み、問合せ先

〒102-8264 千代田区九段南4-4-1

日本公認会計士協会

企画本部企画グループ(担当:中野・永井)

TEL:03-3515-1146

FAX:03-5226-3362

E-mail:kikaku-r@jicpa.or.jp

9. その他

  • (1)応募の秘密は厳守いたします。
  • (2)応募書類は返却いたしません。

専務理事の職務内容

常勤の役員として、次の職務を担い、会務の継続性を維持する。

1. 会務の執行に関する会長及び副会長の補佐

  • (1)会長及び副会長の会務執行に係る判断又は決裁に関し、必要な情報を提供又は助言を行い、戦略的にサポートする。
  • (2)関係機関(国際機関を含む国内外の政府、規制当局、基準設定主体、関係団体、関係学会、公認会計士団体、その他職業専門家団体等)や国会議員等と日頃から良好な関係を構築・維持し、人脈を形成することにより、会長及び副会長の国内外の渉外活動を補佐する 。
  • (3)会長の指示を受け、関係機関や国会議員等との必要な調整又は折衝を行う。
  • (4)その他会務の継続性を考慮し、会務執行が円滑に行われるよう、会長及び副会長を補佐する。

2. 会務の総括的掌握及び常務理事の分掌会務の調整

  • (1)国内外の会計及び監査の規範並びに公認会計士・監査制度に関する動向を掌握し、会長、副会長、常務理事等に必要な情報を提供又は助言する。
  • (2)各種委員会、プロジェクトチーム等の活動状況を含む本会の事業及び会務の執行状況を掌握し、会長、副会長、常務理事等に必要な情報を提供又は助言する。
  • (3)中長期的な視点から本会の戦略的計画を立案し、各部門の作成する事業計画案及び予算案を取りまとめるとともに、定期総会において、前事業年度の事業及び会務の概況並びに事業計画案を報告する。
  • (4)予算の執行状況及び財務を適時・適切に把握し、本会の財政構造の適切化、健全化を図る。
  • (5)国内外向け広報活動(メディアに対する情報伝達を含む。)を統轄する。
  • (6)地域会との緊密な連携を維持・向上させ、本会が単一会としての機能を果たすために、本部・地域会の一体的な運営を一層推進するための必要な施策を立案し、地域会会長や地域会役員との連携のもと、これを実施する。
  • (7)その他本会の組織運営及び業務全般についての総合調整を担う。

3. 事務局スタッフ(地域会事務局職員を含む。)の統轄

  • (1)事務局の事務を掌理し、事務局スタッフ(地域会事務局職員を含む。)を指揮監督するとともに、各事務局本部間及び各地域会事務局の所掌事務の調整を行う。
  • (2)事務局スタッフの採用、処遇等の人事を統轄する。
  • (3)本会のⅠT事務処理基盤を統轄するとともに、事務局の人的・物的リソースを効率的かつ効果的に運用できるよう、事務の合理化、効率化を図る。
ページトップへ