02 成長支援

掲載されている情報は、公表時点で施行されている法令や会計基準等に基づいて作成されております。法令や会計基準等の改正が実施された場合には、その改正事項を考慮した上で使用する必要があります。

  • 日本公認会計士協会は、掲載情報を利用することにより発生したいかなる不利益についても責任を負うものではありませんので、ご留意ください。
 

名称

概要

公表者

公表時期

形態

備考

『経営者保証に関するガイドライン』における法人と経営者との関係の明確な区分等に関する手続等について

本報告は、経営者保証ガイドラインの「① 法人と経営者との関係の明確な区分・分離」及びQ&Aの関連項目(Q4-1からQ4-4)に基づいて公認会計士等の検証に関して合意された手続の業務を行う際の手続を例示するものです。

JICPA

2014年9月

研究報告

 

『経営者保証に関するガイドライン』における公認会計士等が実施する合意された手続に関する手続等及び関連する書面の文例

本研究報告は、公認会計士等が、専門業務実務指針4400「合意された手続業務に関する実務指針」に基づき、ガイドラインに関連して主たる債務者が開示することとされている「法人と経営者との関係の明確な区分・分離」に関する情報の信頼性を向上することに資するために公認会計士等が合意された手続の業務を行う際の手続を例示するものです。

JICPA

201712

研究報告

 

企業価値評価ガイドライン(改正)

  主な改正内容は次のとおりとなっております。
●企業価値評価業務の性格の明確化・周知・企業価値評価における算定業務の性格を明確に記載(算定結果を、批判的に検討する検討人が存在することを、強く意識して、業務を行う必要がある旨も記載)
●評価業務に際して提供された情報の有用性及び利用可能性の検討・分析・注意喚起の充実
①不正に利用されないよう留意、紛争の予防又は回避に配慮、倫理規則を遵守する必要性を記載
②場合によっては、業務を受嘱しない。又は業務委託契約の途中解約などの対応が必要である旨を記載
●企業価値評価における専門家としての判断が必要である旨を明確化(情報は無批判に使用せず、慎重さや批判性等を発揮して、検討・分析が必要である旨を明記)

JICPA

2013年7月

研究報告

 

業績評価指標と管理会計について(PDF)

公認会計士業務資料集第53号収録

【会員準会員限定情報】
  ファイルを開くとログイン画面が表示されます。

JICPA

東京会

201312

研究報告

 

海外進出中小企業に対する公認会計士の支援業務について(PDF)

公認会計士業務資料集第53号収録

【会員準会員限定情報】
  ファイルを開くとログイン画面が表示されます。

JICPA

東京会

201312

研究報告

 

中小企業の経営における公認会計士の役割(PDF)

公認会計士業務資料集第54号収録

【会員準会員限定情報】
  ファイルを開くとログイン画面が表示されます。

JICPA

東京会

20151

研究報告

 

管理会計の現状と実践
~経営に役立つ会計とは~
(PDF)

公認会計士業務資料集第56号収録

【会員準会員限定情報】
  ファイルを開くとログイン画面が表示されます。

JICPA

東京会

201612

研究報告

 

知っておきたい 会計実務に携わる人のための会社法と会社実務

会計及び税務上の留意点とも関連づけ、「会社法制の見直しに関する要綱」も取り上げて、改正検討項目についてわかりやすいQ&A方式により解説。

JICPA

東京会

20139

書籍

 出版社:税務経理協会

財務デュー・ディリジェンスと企業価値評価 M&A対象会社の実態を把握するために重要な役割を果たす「財務デュー・ディリジェンス」を中心に、企業価値評価の手法やその他のデュー・ディリジェンスについて解説。

JICPA

東京会

20153

書籍

出版社:清文社

非財務情報(知的資産)の評価チェックリスト 改訂版

 

大阪商工会議所
JICPA

近畿会

20124

webにツールを掲載

 

ページトップへ