赤荻典子さん (コンサルティング会社勤務)

Q公認会計士を目指した経緯を教えてください

本の一節で「情報社会で生きるためにはIT、国際社会で生きるためには英語、経済社会で生きるためには会計」と読んだことをきっかけに会計に興味を持ちました。勉強を進める中で、自然と資格を取得することを目指していました。

Q受験期間中の思い出を教えてください

携帯電話を半年間ほど封印して、毎日14時間勉強しました。なかなか自信が持てなかったので、とにかくたくさん勉強しました。合格したときの喜びと達成感は今でも忘れません。周りの人の支えあっての合格でした。

Q公認会計士試験合格後の略歴を教えてください

有限責任監査法人トーマツにて、監査業務、アドバイザリー業務に従事し、修了考査合格後にコンサルティングファームに転職しました。

Q現在の仕事内容について教えてください

戦略コンサルティングファームにて、マーケティング、ブランディングを中心とした経営計画、経営戦略等の策定に従事しています。

Q現在の仕事についてどのようにお感じになっていますか

監査法人で働いていたときとは異なる頭の使い方にやりがいを感じています。監査業務は基準に照らして判断するため、基本的には答えがありましたが、コンサル業務はほとんど答えがない状態から仮説を見出し、検証の過程で答えを導いていきます。 ただ、どのようなプロジェクトに関わっても、全ての経済事象は結局のところ数字に落ち着くと考えています。そんな中で会計の知識がベースにあることには助けられており、この資格を取得して本当によかったと日々思っています。

Q差支えない範囲内で家族構成を教えてください

夫と2人暮らしをしています。

Q仕事を行う上で心がけていることを教えてください

目的や目標などの「そもそも」はなにかを見失わないことです。

Q会計・監査の知識が現在の業務にどのように活かされているか教えてください

例えば「クライアントの増益」を目標にしたプロジェクトの場合、売上をあげることなのか、原価率を下げることなのか、人件費を圧縮することなのかなどのキーになる要素や、財務の健全性はどうなのかなどの検討すべき要素が頭に浮かぶことは、会計の知識がベースにあるおかげだと思います。 また内部統制監査により業務の流れを理解し、バリューチェーンをリアルにイメージできるようになったため、例えば「新規事業を立ち上げる」というプロジェクトに対しても、検討すべき要素を広く、具体的にイメージしやすくなりました。

Qキャリアビジョンを教えてください。また、キャリアを実現するための課題があれば教えてください

この先もずっと働いていきたいと思っておりますが、昔から明確なキャリアビジョンは持っていません。時代の流れに合わせて、その時に自分なりに価値を発揮できるお仕事をしていきたいと思っています。そのためにこれからも自己研鑽を重ねて、時流を掴んでいきたいです。

Qワークライフバランス実現に向けて、工夫されていることはありますか

現在の職場環境や人にとても恵まれており、比較的ワークライフバランスがとれていると思います。将来的に子供ができた際にもリモートワークやフレックス制を利用しつつ、バランスがとれたらと思っています。

Q疲れた時の、「自分へのご褒美」はどんなものですか

海外旅行です。日常から離れて異文化に触れることで、リセットされる気がします。

Qあなた自身がロールモデルとしている人はいますか

特定の方でロールモデルは思い浮かびませんが、様々な業界に憧れの方がいます。 これまで先輩方が切り拓いてくださった道があるおかげで、今こんなに楽しく仕事ができているのだと思います。私も後輩たちに対してなにか少しでも力になることがあればいいなと思っています。

Q最近興味のあるトピックを教えてください(会計士業界以外のトピックでも可)

2020年オリンピックです。「東京オリンピック」が北極星となり、現在たくさんのエネルギーが向かっていると思います。その過程もその先も興味がありますが、私もなにかしらお仕事で関われたらと思っています。

Q1か月間休暇が取れるとしたら、何をしたいですか

セブ島留学です。転職期間を利用して一度行きましたが、優しくてエネルギッシュなフィリピン人の先生のもとで勉強できて、とても楽しかったです。また行きたいです!

Q公認会計士試験志望者へのメッセージをお願いします

土台になるような教養や資格があることは、今後どんな時でも自分を支える自信になっていくと思います。受験勉強は辛いときもあると思いますが、自分を信じられるまでやりきりましょう!

Q女性会計士へのメッセージをお願いします

会計士のキャリアの幅もますます広がっていると思います。多様な活躍をされる女性会計士の皆さんのお話を色々と伺いたいです。

ページトップへ