独立開業し、活躍

中央大学商学部卒業、06年監査法人入所、投資ファンド運営会社、会計事務所を経て、10年会計士事務所を設立

独立開業した公認会計士には、多様な業種・規模の中小企業などから経営管理、会計、税務、内部統制などにおいて、良きアドバイザー、パートナーとしてのサポートが求められています。

小駒望
(会計士事務所勤務)

公認会計士の魅力は、資格に基づいて女性でも自分の名前で仕事を受託し、サービスを提供できることだと思います。企業の命運を決める場面もあり、責任は重いですが、その分やり甲斐もあります。私自身、監査業務からバイアウトファンド、会計業務を経て独立開業しましたが、今後また組織に入ることも可能ですし、業務の選択肢の幅が非常に広く、大きな可能性を手にできる資格と言えます。

個人事務所では現在、法人と個人に対する税務・会計支援をメインに、保証業務や事業譲渡・合併のアドバイザリー、株価算定や事業計画作成支援などのコンサルティング業務も手がけています。携わる業務が変わり、監査法人時代に比べて、自分が人の役に立っていると実感できる場面が多くなりました。また、独立すると、働く時間を自分の裁量で決められるので、勉強の時間を作り出せ、仕事とプライベートのバランスもとれるようになりました。

現在出産を控えていますが、出産後はすぐに復帰する予定です。インターネット環境があれば大半のことはできますし、スタッフをはじめとする周囲の方々のサポートを得ながら、お客様へ提供するサービスの品質を落とすことなく、育児と仕事をしっかりこなしていくことがこの先数年の目標です。

ページトップへ